クラゲに包まれた紗倉まな 異世界に転生したらブラックスペルが太宰ワードだった①

クラゲに包まれた紗倉まな 異世界に転生したらブラックスペルが太宰ワードだった①

三秒後だ。桜の木の下で俺は強者として生まれ変わる予定。老人の背後に迫る時、春風がビューっと耳たぶをくすぐって痒い。砂でも入ったかと思ったら、花びらが引っ掛かっていて思わず顔をしかめる。
「はて」
 という顔で老人は振り返って、俺をみあげた。俺は無駄に上背がある痩せた体を反り返らせて、しゃがれた声でボソッと囁くように彼に告げる。
「ご老人、黒魔術はいかがかしら」
「い、今なんとおっしゃられた」
 キャツの目が不審げに細められている。年齢は70くらいだろうか。真っ白い髪は短く刈られている。
「だから、俺は黒魔術が使えるんだよ」
「ま、魔術って漫画じゃあるまいに」
 彼の動揺は見ていて心地よかった。他者が自分の力に恐れを抱く姿を見られるなんて。
「さて、爺さん覚悟は出来てるか?]
 屈辱しか感じたことがないこれまでの俺の人生。そんなネガティブな感情を存分に噛みしめながら、俺はその”ブラックスペル”を口にした。

「生まれてすいません」

「ひやあ」
と、小さいながらも驚愕の声を残して爺が目の前から一瞬にして消えた。
(あらら、ちっこいねえ)
 俺は老人が己の手の平で尺取り虫の姿でのたうつ姿を見てユエツを覚えた。

 1d446ef9若い娘がいつまのまにか能面のように静まりかえった表情で俺の背後に立っていた。
「そ、祖父を元に戻して」
「君は誰だ」
「秋子です」
 孫娘とおぼしき秋子は白菜が植えられた畑で肩幅よりも大きく足を広げてしっかりと大地にキツリツしている。
推定年齢24くらいで、目が大きくソバカスがあって、胸がタワワで首だけがか細い。
「見返りはなんすか」
と無心に聞いてみたら
「うちで取れた大根で美味しい味噌汁を」だって。
「普通最低キスだしょ」と俺が言うと
「それは好きな人としか」
ときた。俺はさっさと手の平の虫を地面に払い落とす。
「あ、おじいちゃん蜘蛛に捕まったよ。おお、もうすぐごっくんされそう」といってあげたら
「キスは約束します。明日の早朝に」と態度を豹変させた。
「早朝は寝てるけど」
「一緒に畑の草取りしながらでも」
「本当にさせてくれるの」
「は、はい」
 俺は娘の言葉をいったん信じてみることにした。

「生まれて最高」

と太宰ワードを単純に否定するホワイトマジックを唱えると、爺が虫から復活した。
 爺は人間に戻っても頭が痛むのか、顔をしかめて木造の古民家にひきこもった。
「ねえ、ところでここは何ていう場所なの」
「総額って町よ」
 思いっきり変な名前の村だ。日本なのだろうか。
「あなたはどこから来たの」
秋子がいぶかしげに聞いてくる。
「今夜泊めてくんない」
「民宿だから、止めるけど」
「ちなみに、金はない」
 娘はさっきの虫でも食ったような顔をする。
「警察につき出すわよ」
「君も虫になって、みたいの」
「魔術を使えば、何でも思い通りってわけね」と秋子はため息ついた。
 力があると話が早くて良いものだ。結局秋子は無料で俺を民宿に泊めてくれた。
 夜になって家の大広間の座敷で食事となる。
「この世界にも民宿あるんだね」
「この世界? あなたどこから来たの」
「気づいたら海にいた」
「漂流したの」
タイタニックかよ、と俺はクスリとした。
「海で自殺しようとしたつもりなんだが」
「海で自殺!」
彼女の期待通りの反応に俺は安心する。しかし、次の言葉
「まるで太宰天神様みたいね」
に、何か強い違和感を感じざるを得ない。
「菅原道真は自殺なんかしてないっしょ」
「戦前の太宰天神様はそうだけど」
「は? 」
「戦後の太宰天神といえば、太宰治様でしょ」
娘は床の間の巨大な白黒写真を指差した。頭が痛くなる。そこには太宰が正座してショケンする有名な写真が飾ってあった。
(一家で太宰ファンか。にしても床の間に飾るのは大袈裟)
「大明神が日本を変えてくれたでんしょ。そんなことも知らないの?」
 秋子は何言ってるのと飽きれ顔だ。粗末な麻の半袖のシャツから生えている畑作業で鍛えた腕は細いながらも筋肉質。
「で、あなたは何者なの」
間を置かず質問されて、何故太宰が大明神なのか聞き損なう。
「俺はなんなんだろなあ」
説明が面倒で俺はため息つく。ふとテーブルを見ると旨そうな山菜や白身の刺身が黒光りした木製の低いテーブルに並べなられていた。
「お金がないなら村役場で手続きすれば貰えるのに 」
 娘は白く光るご飯をよそいながら言った。
「生活保護ってやつか」
「そうそう」
(そんなの簡単におりるかよ)
 俺は贅沢に油ののったブリの切り身を箸で摘まんでみる。
「うまい。新鮮だな」
「韓国産のブリよ」
「は、海があるのに、外国産なんだ」
「だって円高だから、買ってきたほうが安いんだもの」
今度は美味しそうなゼンマイの煮付けを口にいれてみる。
「さすがにこれは地元産だろ」
「これは中国産」
「なんだよ。地元ねえのか」
「確かに変よね。でも人件費が高すぎて外国産買ったほうがいいの」
秋子は顔をしかめる。
「漁師の給料が高いって、幾らだよ」
「1千万円以上くらい」
「まじ、そんな高いんだ」
「ここ石川県の最低時給が3000円だから」
「すげえな。最高じゃん」
「どうなんだろう。お陰で国産のTシャツなんてスーパーで買っても4000円する。外国産だと400円なのに」
「それは国産にはきついな」
「そうよ。国産何て誰も買わない」
 でも転生する前の世界もわりと似ていた。中国産ばかりで国産のティーシャツ何てほとんど売ってなかった。でも給料はこっちが天国だ。
「これからどうするの」
「魔術を使って、出来るだけ多くの人間をへいこらさせててやりたい」
「うわあ、志低いね」
「あとはハーレムだな」
「最低」
 秋子はそういって、どっかへ行ってしまう。
 なにげなく天井を見上げると黒光りした太い梁がなかなか頼もしい。
「あんた、孫娘には手を出すなよ」
 日本酒を抱えた爺さんが、俺の正面にドッカリ座った。それと同時にボーンと巨大な音が頭上から降ってきた。年季のはいった、時計だった。
「いい家だね。座敷わらしいそ」
「あんたは津軽の人か」
爺さんは茶碗に酒ヲついでくれた。
「いや、東京だが」
「大明神の親戚じゃないのか」
「親戚じゃねえよ。太宰治の愛読者だけどね」
「よ、読んだのかえ」
「勿論だよ」
「じゃあ、あんたは特別な人間だ」
「は、俺は生まれながらの派遣社員だ」
「派遣社員ってなんだね」
「いつでも首きられる、バイトみたいな社員だよ」
「バイトて、その年であんたバイトか。結婚どうするんだ」
「派遣の給料じゃできねえよ。でも、秋子ちゃんくれよ」
「お前さんには、秋子は若すぎだろ」
「俺はまだ31だよ。7歳差何て問題ないっすわ」
「秋子は嫌だろうね」
「だろうな」
爺さんは酒を一緒に飲んでくれれば、何でも許せる奴だったみたいで、結構仲良くなる。俺は疑問に思っていた太宰が天神さまになった経緯を聞いてみた。
「太宰明神が国際ペンクラブでいったわけよ」
「なんて」
「日本は原爆を二つも落とされた国だからもういじめないでくれって」
「苛めるなって、幼稚過ぎてすげえな」
「それで、とりあえず日本で当時大変だったインフレをアメリカが無制限に助けるって合意が出来たんやわ」
「インフレって、そこまでひどいの」
 俺は漬け物を食いながら親切な爺さんに言った。
「毎日米の値段が上がって、庶民は地獄の苦しみだったそうな」
俺の無知にも飽きれたそぶりをみせない。
「それは困るね」
「太宰明神は円が弱くてスコッチウイスキーが飲めなくて困っとたんよ」
「あんま同情できんな」
「最初は輸出が出来なくて困ったけど」
「そうなんだ。今じゃみんな皆給料高くていい世の中じゃん」
「馬鹿いうな。物価が高いのに年金は上がらんから年よりは永遠に働かんとならん」
「そうなの。働いてる若い奴からがっぷりがめてんじゃねえの」
老人は俺の言葉を聞いてやれやれと頭をふった。
「田中角栄が年金を積み立て方式から付加方式に変えようとしたことがあった」
「え、何付加方式って」
「自分が積み立てた金とは別に年金を若い世代から徴収する方式じゃ」
「それそれ。最低なんだよ。俺の給料20万しかなかったのに、年金2万だぜ」
俺は怨みをこめて叫んだ。
「夢を見てたのか。年金はせいぜい給料の2%のはずじゃが」
「そ、それもまさか」
「ああ、太宰大明神のお陰じゃ。子育で大変な若者から金を奪わないと生きられないなら、俺は多摩川に入水するって国会で」
「はあ、太宰が国会に」
「大明神は父の意思をついで 衆議院議長になったんだよ」
「その代わり日本人は大明神を読めなくなった。

 早朝になると暗闇の中で覚醒していた。時計を見ると三時半だった。
(春眠暁を覚えずっていうけど)
 俺はため息を深くついてストレスで早朝覚醒する己の肉体を憎み哀れんだ。昔いたブラック企業での最悪な思い出がフラッシュバックする。エクセルの膨大な数字を前にして青ざめる俺。ミスを見つけて情け容赦なく俺を罵る上司。タスクが死ぬほど多くて帰るのは毎日11時だった。契約社員だったのでどれだけきつくても、仕事量を減らしてくれとはいえない。家に帰っても頭には数字や計算が駆け巡り、断続する睡眠と悪夢で疲弊していった。 俺は酷使され罵しられれるために生まれたのか。不眠が三ヶ月続いた後で、こんな世界なら居たくないと俺はぐでんぐでんに酔っぱって玉川に飛び込んだ。そしてこのヘンテコな世界に迷いこんでしまった。

(さて、秋子ちゃんとキスしないと)
 でも俺はもう会社員じゃないんだ。俺はすぐに、切り替える。

 行ってみると秋子は本当に家の裏で約束通り、草むしりをしていた。朝露と土にまみれて白い指が少しよごれて潤っている。目が大きいけど、髪が短く少年みたいだ。なのに旺盛な生命力を持った乳房がタンクトップ下でかなり窮屈そう。何故か昔一緒によく釣りにいった男の幼馴染みを思い出す。

「お前って結構もてるだろ」
「何よ、口説いてるの」

紗倉まなカテゴリの最新記事