紗倉まなの文芸誌デビュー作がついに書籍化!『春、死なん』刊行記念記者会見

紗倉まなの文芸誌デビュー作がついに書籍化!『春、死なん』刊行記念記者会見

2月26日、講談社にて紗倉まな『春、死なん』の刊行記念記者会見が行われた。

2016年に発表した初の小説「最低。」が翌年に映画化され作家、批評家、書店員から絶賛の嵐。今作は“老人の性”を描く表題作「春、死なん」、“母親の性”を描いた「ははばなれ」が収録されている。
揺れ惑う心と体を赤裸々に、愛を込めて描く鮮烈な小説集。

作品リリースイベントに来る年輩のファンの方に着想を得てテーマを決めたという紗倉まなさんは「エロ本が規制されていく中で、性欲の処理や寂しさをどういう風に補填したり補っていくのだろうという興味があって今回のテーマに繋げられた」と語った。

紗倉まな『春、死なん』(講談社)
#紗倉まな #春死なん

↓ぜひ、フィールドキャスターのチャンネル登録をお願いします!
http://www.youtube.com/user/fieldcasterjapan?sub_confirmation=1

#フィールドキャスター
↓芸能動画ニュースは「フィールドキャスター」
https://fieldcaster.net/

紗倉まなカテゴリの最新記事