名前が神々しすぎる新人AV女優・蓮見天 中身は煩悩大好き美少女だった|ニフティニュース

名前が神々しすぎる新人AV女優・蓮見天 中身は煩悩大好き美少女だった|ニフティニュース

一見するとかなり位の高い仏様のような女優名に気圧されてしまったが、しらべぇ編集部が直撃インタビューに向かうと、そこには人見知りな様子がかわいらしい美女の姿が。

画像をもっと見る■自分の女優名に戸惑い?
早速、女優名についてツッコミを入れてみると、やはり本人も最初は違和感を抱いたそう。しかし徐々に愛着が湧くようになり、今では自分の女優名が大のお気に入りになったとか。
蓮見:「女優名が決まりました!」ってマネージャーさんから連絡受けて最初に名前を見た時は…あまりしっくり来なかったのが本音です(笑)。あっ…ふ~ん…そういうのアリなんだ…? みたいな(笑)

でも撮影のときにスタッフさんたちが「てんてん」とか「てんちゃん」て呼んでくれるのが何だか嬉しくて…今ではこの名前で良かったなって思ってます!

関連記事:凛とした新人AV女優・三宮つばき 18年間の抑圧で性欲がものスゴい事態に
■好きなタイプが分かりやすすぎる
学生時代はバレーボール部に所属していた彼女。バレーを題材にした漫画に、かなりハマっていたようだ。
蓮見:『少年ジャンプ』の『ハイキュー!!』が大好きで…。キャラでいうと烏野高校の西谷夕(にしのや・ゆう)が好きです! 私自身のポジションも、西谷と同じリベロだったんですけど、それもあってかリベロというポジションがよりいっそう好きになれましたね。ああいうキャラクターが本当に好きなんです!

―――ひょっとして、『SLAM DUNK』だったら、宮城リョータが好きなのでは…?
蓮見:わっ! すごい! 当たってます!(笑)

ちなみに最近は、友達の影響で将棋に大ハマりしているという彼女。お気に入りの駒は「飛車」に「角」だという。漫画のキャラクターの好みといい、機動力の高いタイプがストライクなのかもしれない。
■デビュー作撮影が超恥ずかしかったワケ
デビュー作の撮影前日は、あまりの緊張で一睡もできなかったという彼女。撮影当日の思い出を語ってもらった。
蓮見:前日はとっても緊張したんですけど、もちろん当日も緊張しましたね…。最初はただ淡々としたお仕事感覚で撮影を進めていくのかな…と思っていたんですけど、現場の皆さんがとてもフレンドリーで安心しました!

でもでも、私としては「緊張ばっか …

AV女優あれこれカテゴリの最新記事