スーパーフード

チアシードの栄養と体への効果は健在!おすすめレシピや注意点も

更新日:

https://faq-fujirockfestival.com

チアシードが健康にいいらしいけど、どんな効果があるんだろう?

アメリカのハリウッド女優も愛用しているとされる「チアシード」。今はブームも過ぎ去りましたが、日本でも一時期テレビや雑誌で特集が組まれていました。

ただ人気は落ち着いても、美容と健康にとってもよい「スーパーフード」であることには変わりありません。

チアシードにはどんな栄養があって、どうやって食べられるのか?またどんな注意点があるか?についてまとめてみました!

1.チアシードっていったい何?

チアシードは少量で栄養価が非常に高く、また水を吸うと膨らむので置き換えダイエットに良いとされているスーパーフードです。

水で戻すとジェル状の膜が種を覆います。その状態になったものをドリンクと混ぜて摂取することが一般的な利用方法です。

チアシードの産地はボリビア、メキシコ、アルゼンチン、ペルー、エクアドルなど温かい地方が主な原産地となっております。

日本では2006年頃にダイエット食品として大ブームを起こした食材です。

2.チアシードの栄養素とその効能

チアシードは食物繊維やカルシウム、亜鉛などの栄養素が入っています。

普段食事が偏りがちの方や便秘や貧血気味の方に良いとされています。

また18種類のアミノ酸やビタミンが豊富なため、美容にも良いとされています。

他にもチアシードにはオメガ3系脂肪酸が含まれており、人間の体内で作ることが出来ないαリノレン酸を含むことで注目されています。

αリノレン酸とは、青魚に含まれるDHAやEPAといった脂肪酸に一部変換されるという働きを持っており、これを摂取することで生活習慣病の予防となります。

チアシードが他のスーパーフードに比べ優秀なところは、少量でこれらの栄養素が摂取できるところにあります。無理にたくさんとらなくても美容と健康にはプラスになる優れものです。

3.チアシードの使い方、おすすめの調理方法

私の場合は一度水で戻してから、ジュースと混ぜて飲んでいます。

また、サラダにかけたりドレッシングに混ぜたり、ヨーグルトと混ぜたりジャムと混ぜることで定期的に摂取しています。

チアシードは味がないため基本的にどの食材、飲み物とも合います。ただし、あまり温かい飲み物や食べ物には合いません。

最もおすすめの摂取方法は、手作りのミックスジュースやスムージーと混ぜて飲む事です。

ドロドロした飲み物の方がチアシードの食感と合っているため、全く違和感なく自然に飲むことができます。また見た目もタピオカジュースのようになり、少しグレードアップします。

チアシードの食感、味はどう?

チアシードは一度水でふやかしてドリンクと共に摂取したりしますが、水で戻す前は乾燥したゴマのような種です。食感もゴマに似てます。

水でふやかすと薄い膜が出てきて"ふにゃふにゃ"した食感になります。ゼリーに似ている食感です。

味に関しては全くなく、くせも匂いもありませんので老若男女問わず、男性も女性も好き嫌いなく食べられます。

4.チアシードの副作用や危険性について

チアシードは種のまま食べてしまうと発芽毒の恐れがあるため、必ず水でふやかさないといけません。

ゴマと同じような感覚でボリボリ食べるのはおすすめできないのです。

チアシードの発芽毒(アブシジン酸)には免疫力の低下、糖尿病やがんの原因となる危険性をはらんでいます。また、冷え性や不妊といった、女性にとって大きな問題になるリスクもあるのです。

また、水を吸うとふやける性質があり、大量に食べると体内の水分をすって膨らむため腸で詰まってしまい便秘の原因となる可能性があります。

栄養価が高いため、食べすぎも毒となってしまいます。

ただし、発芽毒についてはどこまで根拠があるのか、あやふやな部分があります。チアシードの商品パッケージには発芽毒についての記載がないことからも、そこまで神経質になる必要性はないのかもしれません。

妊娠中や母乳を赤ちゃんにあげているお母さんは、念のため避けた方が無難です。

5.チアシードを扱う際の注意点、選ぶポイント

チアシードは、水で戻す際42度以下の水で戻すことが良いとされています。

なぜなら、チアシードに含まれる栄養素や酵素が消えてしまうからです。

チアシードは普段ネットショップで購入していますが、カルディーでも売っているのを見たことがあります。

また、選ぶポイントとして様々な産地のものがあるため、なるべくオーガニックのものを選ぶことをおすすめします。

-スーパーフード

Copyright© 食べ物お役立ちナビ|食品の栄養と保管方法を紹介! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.