食べ物の栄養

亜麻仁油って何?オメガ3の知られざる栄養と効能を主婦が解説!

更新日:

https://faq-fujirockfestival.com

亜麻仁油が健康にすごくいいって聞くけど、実際その効果はどうなの?

お医者さんも勧めている「オメガ3」という脂肪酸が入った、「亜麻仁油」が話題です。

「えごま油」と比べるとまだマイナーですが、その美容と健康に関する効果がものすごいと評判になっています。

実際のところ、どのくらいすごいのでしょうか?また、取り扱い上の注意点はないのでしょうか?

亜麻仁油の魅力にすっかりハマってしまった主婦の方に、その魅力を教えてもらいました!

1.亜麻仁油っていったい何?

最近健康に関連したテレビ番組でも、「亜麻仁油」を取り上げられることが多くなりました。

「えごま油」と共に注目され、知名度が上がってきたのがこの亜麻仁油です。

健康な体を作るのに必要な必須脂肪酸・オメガ3系脂肪酸が豊富に含まれているというのが、この亜麻仁油です。

元々は亜麻(あま)という紫色の葉っぱがきれいな植物の種から採れる油になります。特に亜麻仁油は体に様々な良い効果をもたらす「α-リノレン酸」を多く含んでいます。

見た目は薄い黄色で、割とサラッとした粘度が低めの油です。

2.亜麻仁油の栄養素とその効能

亜麻仁油には、「オメガ3系脂肪酸」という必須脂肪酸が豊富に含まれており、脂肪酸の50%~65%が「α-リノレン酸」で占められています。

ちなみにオメガ3は青魚に多く含まれている栄養素です。

~必須脂肪酸とは?~

私たちの体になくてはならない「栄養素」です。

3大栄養素は「タンパク質・炭水化物・脂肪」ですが、脂肪の中でも「体の中では作られず、外部からとる必要のある」ものを、必須脂肪酸と言います。

(必須アミノ酸の親戚みたいなものです)

オメガ3の中でも特に重要なα-リノレン酸は、体内では生成できない成分で、摂取するとその一部がEPAやDHA(魚の油に含まれている成分)に変換されます。

その効能は以下の通りです。

[aside type="normal"]
・アレルギー症状の緩和

・血液サラサラ効果

・生活習慣病の予防 (善玉コレステロールの増加、高血圧・動脈硬化などの予防、コレステロールや中性脂肪の値を下げる)

・炎症を抑える効果

・免疫力の向上

・がん予防

・鬱病、統合失調症、自律神経失調症など精神疾患の予防・改善

・慢性疲労の予防・改善

・片頭痛の予防・改善

・不妊の改善

・更年期障害の改善

・美肌効果

・便通改善

・ダイエット効果

・学習能力・記憶力の向上(神経細胞の活性化)
[/aside]

男性には「生活習慣病の予防」「がん予防」であったり、女性には「美肌・ダイエット・便秘・更年期改善」といった豊富な栄養分が含まれています。

肉体的な効能だけでなく、鬱や自律神経失調症といった「精神的な不調」にも効果があるとされており、その守備範囲の広さは他の食材には見られないものです。

3.亜麻仁油の使い方、おすすめの調理方法

一般的な油料理のように、長時間加熱してしまうのは避けましょう。炒め物などは通常通り、サラダ油かオリーブオイルあたりを使うことをおすすめします。

成分が酸化して体に良い有益な効果がなくなる(むしろ有害なトランス脂肪酸に変化する)ので、基本的にはそのまま飲用するのが良いでしょう。

私は朝食後にスプーン1杯をそのまま口に含み、あまり熱くない水やお茶などの飲み物と一緒に飲むようにしています。

風味は「えごま油」などと比べたらそこまでクセはないし、粘度も硬くはなくサラッとしているのが特徴です。

そのままサラダに掛けても良いですし、みじん切りにしたタマネギなどと調味料を加えてドレッシングにしたり。

納豆、豆腐などに掛けても良いと思います。

そんなに熱くなければ大丈夫なので、ドリンク類や、温度を落とした味噌汁に混ぜると飲みやすいと思います。

4.副作用や危険はある?

亜麻仁油そのものに、副作用や害があることはありません。

ただ、食物繊維が豊富なので「便がゆるくなる」人もいるかもしれません。

また効能に血液がサラサラになるということは、逆に血が止まりにくくなるということも言えます。

そこまで神経質になる必要もないですが、怪我した時や手術前は気をつける必要があるでしょう。

ただし、腸を活発にさせる効果もあるので、リスクのある妊婦さんには早産を促す可能性もあります。

妊娠中の摂取は控えた方が良いかもしれません。

一番気をつけたいのは「酸化」です。有害なトランス脂肪酸に変異するので、できるだけ熱や光、空気に触れないよう気をつけて保存することが必要です。

5.亜麻仁油はどこで買える?選ぶポイントは?

まだ「亜麻仁油」の話題が出始めた当初は、ネットで取り寄せないと手に入らない商品でしたし、知名度が低かった分かなり品薄でした。

ただ最近話題になってからは、一般的なスーパーに入荷しはじめても、最初は個数も少なくあっという間に「売り切れ」て入荷待ちの札が貼られるくらいです。

今はやっと入荷も安定してきて、常時スーパーでも販売されている感がありますが、「えごま油」ほどは知名度も高くなく、取り扱われてるスーパーも限定的かもしれません。

また取り扱われていても、テレビ番組などで話題になると、次の日には視聴者が買い占めて品切れ、といった現象が繰り返されているようです。

普通の油よりも酸化しやすいので、賞味期限が短いです。酸化を防ぐために熱や光、空気をできるだけ遮断できるような容器が理想的です。

開封した後はしっかり封をして、日光にさらさないような冷暗所、もしくは基本的には冷蔵庫保存しましょう。

-食べ物の栄養

Copyright© 食べ物お役立ちナビ|食品の栄養と保管方法を紹介! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.