食品の保存・保管

こんにゃくの保存は何が正解?開封する前と後・調理した後は?

更新日:

https://faq-fujirockfestival.com

こんにゃくは日持ちしそうなイメージがありますが、実際どうなのでしょうか?

ダイエット食としても、毎日の料理にも使える「こんにゃく」。低カロリーで食物繊維も豊富なので便秘ケアにもよいものです。

こんにゃくは、どのくらい日持ちするのか?封を開ける前と開けた後で、どう違うのでしょうか?気になる疑問にお答えしたいと思います!

1.こんにゃくの保管方法

常温保存の仕方

昔は日持ちしない食料品でしたが、現在では殺菌の性能もあがり常温保存でも大丈夫になりました。

商品にも記載されていますが、高温多湿、直射日光の当たらない場所で保管します。

出来るだけ家の中の涼しい場所に保管してください。

しかし購入時冷蔵で販売されていたならば、常温での保存はおすすめしません。

日持ちとして未開封、常温販売されていた場合で30日〜90日ぐらいは持ちます。

冷蔵で販売されていた場合は、常温で1日程度と考えていいでしょう。

冷蔵保存の仕方

冷蔵庫の中でも冷暗の場所での保管がおススメです。

30日〜90日ほど日持ちしますが、こんにゃくと一緒に入ってる水によって殺菌されているので半年先でも食べることは可能です。

しかし袋が膨れ上がっていたり、悪臭がした場合は食べるのは控えてください。

ちなみに使いかけのこんにゃくの場合は、保存容器に水を入れて、冷蔵室に保管してください。この場合の保管の目安は2~3日です。

冷凍保存の仕方

冷凍すると水分がなくなり中身がスカスカになってしまい、ちゃんとしたこんにゃくに戻すことができません。

冷凍庫での保管はやめておいた方がいいでしょう。食感が大幅に変わってしまいます。

それでも、大量に買ってしまったこんにゃくを冷凍保管した際には、凍ったままゆでるか熱湯をかけてから調理しましょう。

保管期間の目安は1ヶ月です。

2.開封済みのこんにゃくの保管

開封後のこんにゃくは、もともと袋に入っていた水を利用することをおすすめします。その水はこんにゃくと同じアルカリ水で、殺菌作用があるからです。

もし水を捨てていたなら、水道水でも代用は可能です。

水道水を使う時は、密閉容器などにこんにゃくを入れ冷蔵庫で保管します。水が腐ることを防ぐために2、3日に1度のペースで水を交換してください。

アルカリ水とは違うので、こんにゃくのアルカリが水に混ざることによって食感が変わってしまいますがそれ以外は問題ありません。

開封後の日持ちとして、アルカリ水での保管の場合、5日前後を目安にしてください。

水道水の場合、1週間〜2週間ぐらいの目安で使い切るようにしてください。未開封同様、冷凍での保管は質が変わるのでお勧めしません。

3.カットしたり、調理した後の保存方法

茹でたものは茹で汁と一緒に冷蔵庫で保管することができますが、極力早めに食べる方がいいです。

調理後の日持ちとして煮物などで使用した際で7日程度、焼いたものに関しては4日程度です。

一度調理をするとアルカリ水の性能がなくなってしまうので、他の食材と変わりはないでしょう。

カットしたこんにゃくの場合は、開封後と同様に「アルカリ水」もしくは「水道水」をいれて冷蔵庫で保管します。

またカットしたものを一度塩もみしてアク抜きをし、その後水切りしたこんにゃくを冷凍庫で保管すると水分が抜けたこんにゃくになりますが、調理時間短縮にもなるので試してみてください。

食感などは変わりますが、冷凍したこんにゃくでも美味しく食べることはできます。

3.こんにゃくが腐っているか見分け方

開封前のこんにゃくの場合、水が濁っていたり、袋がパンパンだったりしたならば腐っている可能性があります。

開封した際にドロドロしていたり、感触がぐにゃぐにゃしているのもダメです。

また開封した時に臭いも発生するので要注意です。ちなみに硬くなってる分に関しては"水がでただけ"なので品質に問題はありません。

4.こんにゃくの保管に関するQ&A

スーパーで買い物をするとき、出来るだけ新鮮なものを選びたいもの。

しかしながらピンポイントで「これを見れば新鮮だ!」というものは、残念ながらこんにゃくにはありません。

スーパーで出来ることとなれば、賞味期限の長いものを選んだり、触った感じが固くないものを選んだり、新鮮なことを売り文句にしているスーパーで買うくらいです。

もともと日持ちする食材なので気にせず選んでもいいと思います。

ちなみに裏に表記されている原材料の項目ですが、『生こんにゃく芋』と記載されていれば国内産のものですので安心してお召し上がりいただけます。

あとはしらたきもこんにゃくと同じ要領で、保存することができます。

-食品の保存・保管

Copyright© 食べ物お役立ちナビ|食品の栄養と保管方法を紹介! , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.